2019/07/02 兵庫・宝塚市「議会改革(自由討議・政策研究会)について」視察

立川市議会の議会基本条例ができて5年が経過し、現在、その達成度合いや見直しの必要性について、議会改革特別委員会を設置するなど、議員全員で議論をしています。

そのなかでは「議員間討議」や「議員提案条例」を積極的に行っていくことについてなどが課題となっています。

そこで、委員会の質疑の過程で「自由討議」を行い、さらに「政策研究会」を設置して議員提案条例を制定してきた宝塚市で、これまでの取り組みを視察しました。

宝塚市議会の政策研究会で条例案がつくられた「歌劇のまち宝塚条例」は平成26年12月18日に全会一致で可決されています。

ちなみに宝塚駅前に建てられている、宝塚劇場100周年を記念した像の裏側には、その「歌劇のまち宝塚条例」の前文が記されています。

 

また、視察後に議会図書室も見せていただきました。

ここは元々委員会室であったところを、議会の調査機能を充実させるために、議員からの発案で丸一室を図書室にしたとのことでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です