2018/08/24~25 第10回生活保護問題議員研修会

生活保護問題対策全国会議と全国公的扶助研究会が主催する「第10回生活保護問題議員研修会」が鹿児島市の鹿児島県市町村自治会館で行われ、昨年に引き続き参加しました。

台風が20号が四国から近畿方面を抜けるなか開催された今回の研修会でしたが、全国から集まった様々な党の地方議員とともに2日間、充実した研修となりました。

<報告はこちら>

 

2018/08/21 公明党東京都本部夏季議員研修会

公明党東京都本部の夏季議員研修会に出席。

会合では、年内に行なわれる八丈町議会議員選挙(10月9日告示・14日投票)と西東京市議会議員選挙(12月16日告示・23日投票)の予定候補者の紹介とともに、来年の参議院選挙の予定候補者として、埼玉選挙区選出の矢倉克夫参議院議員、比例区選出の平木大作議員が挨拶した。

参議院(埼玉選挙区)矢倉克夫 議員

参議院(比例区)平木大作 議員

次に挨拶に立った山口那津男代表は、この度行った「100万人訪問調査運動」で伺った生活や仕事の最前線の方々の声を、政策で実現していくのは公明党しかいないことを力説。さらに来年の統一地方選挙と参議院選挙を大勝利することを全議員で誓いあった。

山口那津男 代表

研修では最初に、東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授から「フレイル予防」の重要性と取り組みについて講演。

東京大学 高齢社会総合研究機構 飯島勝矢 教授

その後、医療法人社団大坪会三軒茶屋病院の大坪由里子院長から、中小病院の役割とともに厳しい現状について話された。

医療法人社団大坪会 三軒茶屋病院 大坪由里子 院長

2018/08/20 第2回立川市国民健康保険運営協議会

市議会の改選により、この度立川市国民健康保険運営協議会(国民健康保険事業の円滑な運営を図るため市長諮問機関として、国民健康保険法第11条の規定により設置(市ホームページより))の委員となりました。

立川市の国民健康保険運営協議会は国民健康保険の被保険者から代表として5名、保険医又は保険薬剤師代表として5名、被用者保険等保険者(つまり企業等の健康保険)代表で2名、そして公益代表として5名選出され、この公益代表5名のうちの3名が市議会議員から選出されることになっています。今回、そのうちの1名として委員に任命され、本日は初めての会議に臨みました。

本日は職務代理者(協議会の代表が欠席の場合の代理)が新たに選出された後、議題に入りました。

今回の議題として ①データヘルス計画の振り返り ②新規に取り組む保健事業 が提示。

データヘルス計画とは、医療機関で電子カルテに入力されたレセプトデータを分析し、市民がどのような病気に罹っているかということや、受診の状況、さらには薬をもらいすぎていないか、といったことを国民健康保険の保険者として市が把握して、市民の病気の重篤化や慢性化を防ぐことを目的とする事業です。立川市では平成28年度から、このデータヘルス計画を実施しており、28年~29年の2カ年で行ったデータヘルス計画の実施状況について報告と質疑がありました。

また、31年度から行う事業として、これまで立川市では実施できなかった ①生活習慣病治療中断者勧奨事業(医者にかかるのを途中で止めてしまった方に、再度の受診を促す事業) ②受診行動適正化指導事業(重複・頻回受診、重複服薬)(病院を必要以上に受診したり、薬をもらい過ぎていないかなどのチェックと指導) について行政から説明の後、質疑が行われました。

私からも、過日視察をした呉市のデータヘルス計画の知見を踏まえて、検討や改善すべき点などを提示しました。

2018/08/18 大山夏祭り・盆踊り

「大山夏祭り・盆踊り」が市立大山小学校校庭で開催され、参加しました。

一昨年、昨年と雨に降られてしまったこのお祭りでしたが、今年は大変過ごしやすい気候のもとに行われました。

私も大山自治会と親交自治会の皆さまとともに、懇談のひとときを持たせていただきました。

2018/08/17 羽衣ねぶた祭

「羽衣ねぶた祭」開会セレモニーに参加。

羽衣町地域の東立川商店街振興組合を中心に商店街の活性化事業としてスタートしたこの祭りも今年で20回目となりました。

今回を機に世代交代をし、3代目となった実行委員長のもとに開催された羽衣ねぶた祭は、20年を経て「立川市のお祭り」になった感を強く持ちました。

お祭りは今日(8/17)から3日間開催されます。多くの方が「平成最後の夏」を楽しんで欲しいと思います。

 

2018/08/14~16 立川市砂川地区子供会育成団体連絡協議会(砂子連)八ヶ岳・ジュニアリーダー研修

地元・砂川地域の子ども会で構成される連絡協議会「砂子連」が毎年恒例で行う八ヶ岳ジュニアリーダー研修が、今年は8月14日~16日の2泊3日で実施されました。私もスタッフの一人として参加し、文字通り次世代のリーダーとなりうる多くの子どもたちと充実した時間を過ごしてきました。

これまで長年研修を行ってきた立川市の八ヶ岳山荘宿泊棟が取り壊しとなり、昨年から近くのキャンプ場で実施されているジュニアリーダー研修ですが、昨年に続いて今年も雨に見舞われてしまい、予定していたプログラムを変更せざるを得ない状況も多く発生。しかし子どもたちは各部門の責任者のもと、臨機応変に対応していました。もちろんすべてが予定通りにいくことが望ましいとは思いますが、予定通りにいかないときにどうするか――それこそが子どもたちにとって最高の研修になったことと思います。

 

毎年、出発の前と後では、明らかに子どもたちの顔が変わります。その度にこの研修の大事さを実感するとともに、こうした活動をしっかり支えていかなければならないと強く思います。

 

 

2018/08/04 三番組盆踊大会

三番組自治会の盆踊大会が見影橋公園グランドで開催。三番組の夏祭りは、砂川地域でも一位、二位を争うくらいの来場者数で、毎年盛大に行われます。こうした地域行事を通して、多くの方が繋がりをつくれることを祈っています。

2018/08/04 立川よいと祭り

平成元年より始まり今回で30回目となる”オール立川”の祭り「立川よいと祭り」が、立川駅北口サンサンロードにて開催されました。今年は30年の歴史で初めて東京都知事も出席。挨拶に立った小池都知事からは、多摩地域の振興に力を入れていくことが言及されました。大いに期待したいと思います。

立川市指定有形文化財「十番組大のぼり」

 

2018/08/02 砂川町地区 第1回避難所運営連絡会

第九小学校に砂川地域の自治会長や各種団体の責任者等が集まり、砂川町地区第1回避難所運営連絡会が開催。私は防災士として参加しました。

地域の小中学校5校はそれぞれ災害時の一時避難所となっていますが、会合では平成27年に作成された各校「避難所運営マニュアル」を今後どのように見直していくのかが課題として示されました。さらに災害備蓄倉庫などを見学し、学校施設が避難所としてどのように機能するのかを行政職員から説明を受けました。

2018/07/28 「君の笑顔に会いたくて」上映会

7月は「社会を明るくする運動」強化月間・再犯防止啓発月間です。

「社会を明るくする運動」とは『すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動』(法務省HP)で,今年で68回目となります。

その啓発事業の一つとして、映画「君の笑顔に会いたくて」の上映会がたましんRISURUホールで開催され、鑑賞しました。