2019/06/29 朝鮮大学校学舎小平移転60周年記念レセプション

「ハノイ会談以後の朝鮮半島情勢」と題した講演・討論会が小平市にある朝鮮大学校で行われ、ご招待いただき聴講しました。朝鮮大学校が小平市に移転して60周年になる記念のレセプションです。

 

今の日本にとって、北朝鮮との関係は大きく懸念される問題です。しかしその一方で、日本で報道される北朝鮮側の意向の多くは推測や憶測で、当事者が実際に何を考えているのかについて知る機会がほとんどないのが実情ではないでしょうか。

この講演・討論会が朝鮮大学校で行われたことから、おそらく我田引水的な話を多く聞かされたと思われるかもしれません。

しかし実際は、北朝鮮の内情を熟知している方々によって、極めて冷静にアメリカ、中国、ロシア、韓国そして日本との関係が論じられた講演・討論会でした。

今後、北朝鮮情勢を知るうえでは、今回登壇された朝鮮大学准教授の 李柄輝 氏と 廉文成 氏、そして韓国情勢を知るには一橋大学准教授の 権容奭 氏の意見や情報は、重要だと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です