市民生活支援給付金(市民一人1万円)の生活保護世帯における収入認定について

令和2年第2回定例会(2020年6月8日)

◆6番(大沢純一君)

生活支援給付金についてお伺いしたいと思います。

この生活支援給付金については課税ではない、いわゆる課税所得にならないというような先ほどの御答弁だったかというふうに思います。課税所得にならないのと併せて、生活保護利用世帯についても特別定額給付金と同様に収入認定されないのかどうか、それの確認をさせてください。

◎総合政策部長(栗原寛君)

1万円の支援金が非課税かどうかということなんですが、まだ非課税かどうかが決まっているということではなくて、国税のほうにも確認しながら、そういった取扱いになるような意味合いの給付金にしていきたいということでございます。

それと、生活保護の収入認定や、また要否の判定については、これは福祉部門と調整を図ってまいりたいと思っています。なるべくそこは本人に不利なことにならないような取扱いになるようなことができればと思っております。以上でございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です