市営住宅の連帯保証人規則を改正

原則、市営住宅に入居する際には連帯保証人が必要ですが、これまで立川市の規則(立川市営住宅条例施行規則)では、連帯保証人は「東京都内に住所又は勤務地」がある人に限られていました(第11条1項)。そのため、連帯保証人を頼める人がそれに当てはまらない場合は、これまで市営住宅に入りたくても入れませんでした。

2015年3月の議会で、これについて質問。連帯保証人の要件を、せめて都営住宅並に「日本国内に住む者」とすることを主張し、改正となりました。

<関連>
◯立川市営住宅の連帯保証人規則が改正
◯市営住宅、応募しやすく(公明新聞2015/09/27)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です