図書館に図書消毒機の導入を

令和2年5月15日 新型コロナウィルスの影響に対する市独自支援ついて要望書(抜粋)

12. 図書館の活用

図書館の利用については、再開を望む声が世代を問わず寄せられ ます。三密を避けた上で貸し出サービス等行うことは可能と考えることから、全国の様々な事例を参考に、現状でも可能なサービスを再開すること求めます。

市民の衛生面で関心が大きく高まっている状況の下、貸出図書についても対策が必要であると考えます。そこで図書館再開後も視野に図書消毒機を導入することを求めます。

20200515コロナウイルス緊急要望書(7回目)


令和2年第2回定例会(2020年6月8日)

◆6番(大沢純一君)

図書館事業管理運営について伺います。

図書消毒機ですけれども、これは私たち公明党としても新たな日常に必要な機器として提案させていただいて、今回導入ということで大変ありがたく思っております。これの導入時期についてお伺いをいたします。1回目は以上です。

◎教育部長(大野茂君)

図書館の消毒機の件でございます。こちらにつきましては補正をお認めいただきましたら契約手続に入りますので、私どもとしましては8月末頃までには入れていきたいというふうに考えております。以上です。


2020(令和2)年9月13日付 公明新聞4面(東京・山梨版)

全市立図書館に本の除菌機設置

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です