災害対策

災害対策

災害時の応急仮設住宅の設置について

応急仮設住宅の設置に当たっては、被災をされ仮設住宅に住まいを移すことになった場合でも、決して孤独になることなく、これまでの地域のつながりをできるだけ保ちながら、自助とともに共助を通じて生活再建を図っていくということは大変重要な視点です。これは仮設住宅が必要になってから検討するのでは遅く、平時からの検討が必要となります。オープンスペースやさまざまな公園などの活用、あるいは国有地の活用などを国や都とも連携をとって早期に決めるべきです。