(東京・立川市)国会図書館データ資料を市民に提供

2017(平成29)年1月22日(日)付 4面東京・山梨版

【大沢純一=立川市議】

立川市中央図書館は今月4日から、国立国会図書館デジタル化資料送信サービスを開始しました。

市の図書館に登録している人であれば、1日1時間を限度に国会図書館所蔵のデジタル資料のうち、入手困難な図書や雑誌、論文など約142万点が閲覧できるとともに、希望すれば1枚10円で複写することもできます。

私は2015年9月の定例会で、多様な利用者に応じた図書館サービスとして、国会図書館との連携を要望。また、自治体によってはサービスが閲覧のみとされていることから、立川市では複写もできるように求めていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です