コミュニティバス(くるりんバス)の整備

平成26年第3回定例会(2014年9月4日) 議事録より

◆6番(大沢純一君)

次に、コミュニティバス、くるりんバスの再編についてお尋ねします。

このコミュニティバスの役割、これも定住にとって大変大きいものであると思っております。移動手段が整っているかどうか、これは住む場所を決める上でとても大きな要素でありますし、また、コミュニティバスの目的の一つにありますように、特に御高齢になられて自動車を運転できなくなったという方、そういう方にとっても、また引きこもらない、こういうことにとっても、精神的、肉体的ともに健康の上で重要です。そういったことから、このコミュニティバスに対する要望、「自分たちの住んでいる地域にくるりんバスを通してほしい」というお声は本当に各地からいただきます。

一方で、こうしたコミュニティバスは、路線バスを通すことが採算的に難しい、つまり簡単に言うともうからない地域、ルートを通るということが前提ですから、営業的に黒字になることはないわけです。ですから、ルートをふやせばふやすほど、基本的には赤字が増大するということになりますので、そういった市内各地からの住民の要望と財政の最大公約数をどう形づけるか。これまで市内各所で地域別懇談会を開いてこられて、さらに今、地域公共交通会議の中で検討が進んでいることと思いますが、その懇談会と地域公共交通会議での運賃と運行ルートの検討状況、これをお伺いいたします。

◎都市整備部長(下澤文明君)

くるりんバスのルート再編についてであります。

まず、地域別懇談会でのやりとりということでありますが、ルートにつきましては、鉄道駅へのアクセスのほか、東西方向への移動、モノレールや路線バスとの接続、運賃につきましては、ワンコイン100円とする一方、利便性が高ければ値上げも可とするような意見、また、運行本数につきましては、わかりやすいダイヤ設定といった意見がございました。

また、地域公共交通会議の中では、第2回目で、交通不便地域とくるりんバスの運行コンセプト及びくるりんバスの見直しの方向性について、御議論をいただいたところであります。次回3回目では、2回目での御意見を踏まえまして、具体的な運行ルートと運賃などについて御提案をし、御議論いただきたいと、そのように考えているところであります。

以上です。

◆6番(大沢純一君)

くるりんバス、検討状況をお答えいただきました。

ここで、くるりんバスのバス停について、ハブ機能を持つバス停の設置提案をさせていただきたいと思います。

現在のくるりんバスのルート、ほとんどのルートがJR立川駅に向かっているわけで、もちろんこれは、「JR立川駅に行きたい」というたくさんの要望からつくられたものであると思いますが、これが路線バスとのルートの重複と、ルートが長くなってしまうという問題の大きな要因なわけです。

先ほども申しましたが、コミュニティバスの役割は、路線バスの採算が合わないルートを補完するということです。そうした中で、今、私にもたくさんお声をいただいている、例えば砂川の地域もそうですけれども、「くるりんバスのルートをふやしてほしい」という要望。しかし、通行ルートをふやして、それをまた、例えばJR立川駅につなげるというのは、予算が潤沢にあれば別ですが、現実的には大変厳しいのではないか。結果的に、こうしたバス交通不便問題を解消するためには、このコミュニティバスをいかに路線バスのルートや鉄道路線に接続させるか、こういう角度からルートを設定していくことが最も機能的であると考えます

この目的から、ハブ機能を持つバス停の設置、このハブバス停にくるりんバスのルートを集めて、それと路線バスのルートをつないでいくわけです。このために新たな施設を一からなどということも、やはり現実的ではありませんから、既存の施設を使ってできないか。例えば市役所にその機能を持たせるとか、例えばみのーれなどはどうか。また、これから整備が行われる武蔵砂川駅前ロータリーや、少し西側にはなりますが、整備が進んだ西武立川駅南口ロータリーなど、そういった場所をハブバス停とする。もちろん、そうした場合は、例えば最終的にJR立川駅に行きたい、こういった場合には乗りかえてもらう、こういうことになるわけでけれども、これは多少設備投資をしてもらって、待ち時間にも価値が生み出せるような、そういった待合場所、これが必要になってくると思いますが、こうしたことを場合によっては隣接市のコミュニティバス、路線バスも乗り入れてもらい、また鉄道事業者とも話し合いながら、広域的に考えてもいいと思います。

そうしたハブバス停、これはもちろん市内に一つだけとは限りませんけれども、それとそこに至る短いバスルートを多く設定していく、こういうことが考えられると思いますが、この提案について見解をお伺いします。

◎都市整備部長(下澤文明君)

バスの乗り継ぎ拠点、ハブ化についてであります。

ハブバス停の設置につきましては、近年、地方都市などでも、連結バスの導入とともに整備が進められている状況のようであります。例えば埼玉県ときがわ町では、今まで長距離路線で運行しておりました路線をハブバスセンターに集結させて、そこから折り返しの短距離路線に変更し、乗りかえることによりまして、他方向、JR1駅、私鉄3駅に行くことができるようにしたということで、輸送力を増強した事例が新聞などでも紹介されておりました。

今回の本市の再編に当たりましても、立川駅に直接向かうルートだけでなく、他の鉄道駅やモノレール駅での乗り継ぎ、ハブ化という視点は大事な要素として認識しております。加えて、御指摘のありましたバスとの乗りかえといった要素も含めて検討を進めてまいりたいと、そのように考えております。

以上です。

◆6番(大沢純一君)

くるりんバス、これのハブバス停化ですが、コミュニティバスを初めとした公共交通の問題は、これからの社会にとって最重要課題の一つだと認識しております。冒頭申し上げました、立川市にいかに住んでもらうか、公共交通の整備は、その大きな動機づけになると思います。どうか交通不便地域をなくすという理念を持って、今後の検討をお願いしたいと思います。


平成28年9月環境建設委員会(2016年9月23日) 議事録より

◆委員(大沢純一君)

くるりんバスの再編についてなんですけれども、9月1日から始まりまして、先ほど江口委員のほうからも質問ありまして、20日ぐらいたったということで今御答弁もいただきました。

一つお伺いしたいんですが、運行基準、継続基準、これについては実際今回9月1日から始まったのが実証運転だと、実証運行ということで始まって、これが収支率が1年間で30%以上になると本格運行に移行するという、そういったことかと思います。

先ほど、運行基準を定期的に調べるというような御答弁もあったかと思いますけれども、この定期的にというのは、まずこの1年間の中で最初どのくらいをめどに定期的に検証されるのでしょうか、教えてください。

◎交通対策課長(大塚昌宏君)

私どもも、せっかくくるりんのルートをつくって、1年たったから、30%行かないから廃止ですということは絶対にあり得ないと思っています。その間何をするかということになりますと、当然いろんなデータを求めまして、今回ICカードもとっていますので、どういう方がどこで乗ってというのがわかると思うんですね。

そうしますと、そのデータをもとに検証していきながら、地域公共交通会議というのが年に3回から4回あります。その公共交通会議で議論いただけるような調査をしたものを、私どもがシミュレーションしたものを、専門家の意見を聞きながら提出していきたいので、年に3回から4回はやっていきたいと思っております。また、そのぐらいやらないと、やはり状況の分析はできないのかなと。

ここで3週間ですけれども、立川バスにも問い合わせしたんですけれども、やはり新規ルートはなかなか伝わっていかないと。人づてに伝わるのが一番いいみたいで、私、朝乗ってきたよとか、朝乗ってきて猛暑日で大丈夫だったよとか、そんなのが一番有効だと聞いているので、それに向けてどのような対策をやるか、今後検討してまいりたいと思っております。

◆委員(大沢純一君)

ありがとうございます。

まずは、年に3回から4回というところでは、3カ月から4カ月をめどに諮っていくというような、そういったことになるかと思いますけれども、何事もそうやってまず最初の3カ月が大事だというふうに言われると思いますので、そこでどうするかというのがやはり大事になってくると思います。

今、課長からも御答弁いただきましたけれども、現在のところ、私の住んでいる上砂川地域は、最初の江口委員への御答弁にあった廃止ルートの一つでありまして、その中では、やはり残念という先ほど市民の声というのもありましたけれども、本当に無視されたのかという、それも本当にそのような意見がたくさんありまして、今後どうしてくれるんだというようなそういうところでは、もちろん私もしっかり説明をさせていただいてはいるんですけれども、なかなか御理解いただけるところ、いただけないところがあるというのも事実であります。

この原因というのは、どうしても市民の方、これまで行政のほうとしては再編の懇談会ですとか広報でいろいろやってきていただいていて、それは私も十分承知しているんですけれども、なかなかそれが市民に届いていなくて、実際にあらわれたところで唐突感ということになっている部分があります。

先日、私も地域の方とこれについて懇談をいたしまして、やはりその一番の乗車数がふえる対策というのは、今課長がおっしゃっていた口コミが一番強いというのは、その方たちもおっしゃっていました。やはり自分が乗って、ここからあそこにこうやったら行けるんだよ、くるりんバスはこうやって使ったら行けるんだよと。ああ、そうなんだという、そういうような会話の中でルートが認識されていくという、こういうことがやはり一番強いというような、そういったこともありました。

ただ、そうはいっても、この口コミでかかるのはやはり今までのバスのルートとしても1年ぐらいはかかったというような、そんな状況もあるというように見えまして、そういったところでは、今、江口委員の質問の中でも最寄りのスーパーで配るとかいうこともありました。ただ、今回の再編の中で、どうしてそこにお知らせしてくれなかったのという意見の中の一つに、今まで使っているバス停に張ってくれればよかった。お知らせしてくれれば毎日使っているから毎日見れたのに、どうしてそこでお知らせしてくれなかったのという、こんな意見がありました。

なので、これは本当に市民の率直な意見だと思うんですね。ですので、今回のこのルートが変わったことを御存じない方というのもまだまだ多くいらっしゃいます。そういうところでは、ただ、その方たちも使っている方たちは今までのルートというのは認識していて、今までのルートのバス停に袋がかかって、もうバス停じゃないですよという、そういうような案内しか。

ですから、そこに一つ案内を加えるだとか、また市民の方の意見としては、ぜひ広報車を走らせたり、そういうような形で何度も何度もやっていただいて、そういうところで認識している。バスにスピーカーをつけてなんていう意見もいただきましたけれども、そういうような形で、紙面だけでなくあらゆる感覚に訴える、そういうような機会でぜひやってほしいという、こういう意見もありましたので、これについてもぜひ参考としていただいて、今後特に今お示しありました砂川ルート、本当に人数としてはかなり危惧される、まだ20日ではありますけれども、開始前からなかなかどれほどふえるんだろうというような、そういうような意見もあったルートでもありましたので、そういうところで幅広くお知らせするために、さまざまな媒体を使っていただければというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です